【参加者募集!】歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリー [2017年11月12日(日)開催]のお知らせ

糖尿病とおいしく生きようプロジェクト[11月18日(土)]のお知らせ

糖尿病専門医/管理栄養士の講演と料理教室が融合!

糖尿病とおいしく生きようプロジェクト
 ~いきいきライフクッキング~

「糖尿病ってどんな病気?何に気をつければいいの?」
糖尿病の正しい知識や食事療法を勉強しながら、
みんなで楽しく美味しく料理を作りましょう!

「しっかり噛もう!元気になる朝ごはん!」

 チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト2016 最優秀賞受賞レシピ

 糖尿病専門医/管理栄養士のレクチャー付き 料理教室

  ポスター(PDF版) ← 案内図もこちらをご覧下さい。

概要

 日時:平成29年11月18日(土) 10時00分から12時30分まで

 会場:三重大学医学部校舎
    看護学科棟1階「キッチンスタジオ」
    住所:三重県津市江戸橋2丁目174
    

 プログラム:■講演「糖尿病治療における食事療法の重要性」
               (講演20分、Q&A 5分)
         三重大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌内科 病院教授 矢野 裕 先生

       ■講演「糖尿病食事療法の実際」
               (講演20分、Q&A 5分)
         三重大学医学部附属病院 栄養診療部 栄養主任 管理栄養士 手島 信子 先生

       ■料理教室
         ホームメイドクッキングスタッフ

お申込み

      8月28日(月)より参加受け付けを開始します。
      先着順です。定員に達し次第締め切らせていただきます(定員:20名)。
      受付状況は、日本糖尿病協会ホームページ または、下記問合せ先にてご確認ください。       

  ※当企画の対象は、糖尿病患者さんとそのご家族を含む一般市民の皆様です。
   医療従事者の方のご参加はご遠慮ください。

 

 

 

 お申込み方法

   ●ホームページからのお申し込み

     日本糖尿病協会ホームページ ← こちらから

   ●FAXまたは郵送によるお申し込み

     申込書(PDF版) を印刷し、FAXまたは郵送して下さい。

 受講料:無料

 持ち物:エプロン、ハンドタオル、筆記用具

 お問合せ先

 公益社団法人 日本糖尿病協会 TEL:03-3514-1721

 共催:公益社団法人 日本糖尿病協会、株式会社ホームメイドクッキング

 

三重県糖尿病療養指導士(CDEL)認定のお知らせ

糖尿病療養指導士育成のための講習会にご参加の皆様へ
三重県糖尿病療養指導士(CDEL)認定のお知らせ

平成29年8月吉日

日本糖尿病協会三重県支部 支部長 住田安弘

 

 第39回糖尿病療養指導士育成のための講習会にご参加いただきありがとうございます。

 この講習会は、三重県内のスタッフの皆さんに「糖尿病の療養指導」についてのスキルを上げていただく目的で開始しました。
さらにスキルアップして日本糖尿病療養指導士(CDEJ)の認定を受けた方も多くおられます。
ところがCDEJは敷居が高い、勉強が大変でついていくのが辛い、維持が難しい、などのご意見をたくさん頂戴しているのも事実です。そこで現在各地方(都道府県単位)で地域糖尿病療養指導士(CDEL)を認定していこうという流れがあります。
この認定資格はその地域でしか通用しませんが、これが勉強の励みとなり、さらなるレベルアップに繋がっていけば良いのではないかと考えています。

 当地域、三重県でもようやく三重県糖尿病療養指導士認定の準備が整いましたので、第1回認定試験を平成29年2月26日(日)に実施いたしました。受験者は16名で全て優秀な成績で合格されました。
また、CDEJを持っている方でCDELの資格も取りたいとの申請者が36名あり、第1回の認定では合計51名の合格者を出すことができました。

 第2回の認定試験を、平成30年3月25日(日)に実施する予定です。
以下の受験資格をご一読いただき、糖尿病患者療養指導のレベルアップのために、認定試験の受験を是非ご検討いただきますようお願い申し上げます。
受験資格にあります当講習会の受講について改訂を行いましたので、ご注意ください
また、認定された方に対し更新規定も定めましたので、合わせてご覧いただきますようお願い申し上げます。
受験規定や提出書類などは当ホームページよりダウンロードできますので、下記をご覧ください。
申請書類一式は第2回試験用をご利用ください。
受験申請書類の提出締切を平成29年10月31日(消印有効)とします。

 なお、受験に際し参考書としては、
「糖尿病療養指導ガイドブック 糖尿病療養指導士の学習目標と課題 2017」(日本糖尿病療養指導士認定機構/編・著、メディカルレビュー社)とします。

以 上 

三重県糖尿病療養指導士 認定規定 〔PDF版

 受験資格

① 医師、歯科医師、看護師、准看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、臨床心理士、保健師、助産師、栄養士の資格を取得した後3年間の経験があること。

② 糖尿病療養指導に従事した期間が1年以上あること。

③ 日本糖尿病協会三重県支部が主催する「糖尿病療養指導師育成のための講習会」を連続する2年のうち2回以上聴講し、合計点数(以下の表を参照)が3点以上あること。(以下の註を参照)

④ 日本糖尿病協会の会員であること。(現在未入会の方は入会手続きをしてください。)

(註)
1.日本糖尿病協会三重県支部が開催する「糖尿病療養指導師育成のための講習会」の受講を点数化し、受験資格には3点以上が必要であると改訂しました。

点数は以下のように定めています。

講習会への出席

点数

糖尿病療養指導士育成のための講習会(夏季実施)

1点

糖尿病療養指導士育成のための講習会(冬季実施)

2点

2.平成29年4月から、受験資格に「作業療法士」を追加しました。

受験手続

※当会の準備した以下の書類に記載し、所定の期日までに三重県糖尿病療養指導士認定機構に提出すること。

① 受験申込書〔PDF版〕〔word版

② 履歴書 〔PDF版〕〔word版

③ 糖尿病療養指導士に従事した証明書 〔PDF版〕〔word版〕 

④ 経験した療養指導症例の記録(2例)〔PDF版〕〔excel版

⑤「糖尿病療養指導士育成のための講習会」受講書貼り付け用紙〔PDF版〕〔word版

試験

毎年3月に認定試験を実施する。

【受験料】10,000円(事務手数料および認定証発行料等を含む)

 ※下記口座に平成30年1月31日までに振り込むこと。
  ただし、いかなる事情があっても返金には応じない。

 百五銀行 川原町支店 普通 305044番
 三重県糖尿病協会 代表 住田 安弘(スミダ ヤスヒロ)

 

 

すでに日本糖尿病療養指導士(CDEJ)に認定されている人への対応

※すでに日本糖尿病療養指導士の資格に認定されている人で、三重県糖尿病療養指導士の認定を希望する者は、試験を受ける必要はない。

申請方法

当会の準備した以下の書類に記載し、所定の期日までに日本糖尿病療養指導士(CDEJ)認定証のコピーと共に送付すると同時に、認定料を所定の期日までに振り込むこと。

提出書類

  ①三重県糖尿病療養指導士 認定申請書〔PDF版〕〔word版

  ②日本糖尿病療養指導士認定証のコピー

【申込み郵送先】

 〒510-0016 四日市市羽津山町10-8
  JCHO四日市羽津医療センター 図書室内 三重県糖尿病療養指導士 認定申請係

【認定料】
 5,000円(事務手数料および認定料等を含む)
 ※下記口座に所定の期日までに振り込むこと。
  ただし、いかなる事情があっても返金には応じない。

 百五銀行 川原町支店 普通 305044番
 三重県糖尿病協会 代表 住田 安弘(スミダ ヤスヒロ)

 

 

 三重県糖尿病療養指導士 更新規定 〔PDF版

① 認定期間:5年間 

② 認定更新の条件

  • 日本糖尿病協会の会員であること。
  • 資格取得後5年間のうち2年間は実施の糖尿病療養指導に従事していること。
  • 5年間で以下の表に定めたように、5点以上の獲得をもって更新資格とする。

<得点表>

講習会への出席またはイベントへの参加

点数

糖尿病療養指導士育成のための講習会(夏季実施)

1点

糖尿病療養指導士育成のための講習会(冬季実施)

2点

当会が開催するウオークラリーのボランティアスタッフ

2点

小児サマーキャンプのボランティアスタッフ

2点

日本糖尿病学会年次学術集会または地方会での筆頭演者

2点

  • 当会が開催する「糖尿病療養指導士育成のための講習会」に2回以上出席すること。受講証は更新の際に必要なので大切に保管すること。
  • 5年間に1回のみ、当会が開催するウオークラリー(鈴鹿市、熊野市)あるいは小児サマーキャンプにボランティアとして参加した場合点数を付与する。この際主催者が発行する参加証明書を保存しておくこと。
  • 日本糖尿病学会年次学術集会または地方会での筆頭演者として発表した場合は、学会開催がわかるような書類と抄録のコピーを添付すること。
  • 資格取得後経験した2症例について、更新時に症例記録用紙を用い提出すること
  • 更新時にCDEJに認定されている人は、以下の3の(註1)を参照すること。

③ 更新に必要な書類(*印については、当ホームページから必要な書類をダウンロードしてください)

  • 三重県糖尿病療養指導士更新申請書*
  • 実務経験を証明する所属する施設長、院長、所属団体の在職証明書*
  • 履歴書*
  • 点数計算書
  • 講習会の受講証*
  • ボランティア参加証明書
  • 学会発表した場合、学会名の分かる書類と抄録のコピー
  • 職種の資格証明書
  • 症例2例の報告書*
  • CDEJの認定証(保有する人のみ)

(註1)
更新時にCDEJの資格を有している者は、CDEJとしての活動報告書を提出すれば、症例記録およびボランティア活動参加証明書の提出は不要である。
ただし、CDEJであっても、当会が開催する「糖尿病療養指導士育成のための講習会」に3点以上出席する必要がある。

(註2)
三重県糖尿病療養指導士更新申請書*には指定されたサイズの顔写真を添付すること。

④ 認定更新料:5,000円 

⑤ 更新を行おうとする者は、認定期限までに、上記の書類を揃え当会へ送付すると同時に、認定更新料を以下の指定口座に振り込みを済ませること。
  ただし、いかなる事情があっても返金には応じない。

【認定更新料の振込先】

 百五銀行 川原町支店 普通 305044番
 三重県糖尿病協会 代表 住田 安弘(スミダ ヤスヒロ)

 

 

お問合せ

〒510-0016 四日市市羽津山町10-8
     JCHO四日市羽津医療センター内
 日本糖尿病協会三重県支部 三重県糖尿病療養指導士認定機構事務局
 
 ※往復はがきで郵送してください。

 

 

第39回糖尿病療養指導士育成のための講習会

第39回糖尿病療養指導士育成のための講習会

日   時:平成29年9月9日(土) 12:55~16:40

場   所:三重県総合文化センター(中ホール) 
                         津市一身田上津部田1234  TEL:059-233-1111

参 加 費:500円

お問合せ先:日本糖尿病協会三重県支部(四日市羽津医療センター図書室内)

        TEL:059-331-2000

   CDEL(三重県糖尿病療養指導士)の認定制度を実施しております。
   詳細については、当ホームページに記載しております。

   コチラをクリックしてご参照ください!

 

プログラム

1.開会の辞 日本糖尿病協会三重県支部長 住田 安弘 先生

2.「糖尿病患者の心理と行動」(13:00~15:00)

  座長:三重大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌内科 病院教授 矢野 裕 先生

(1)13:00~13:30 医師から見た糖尿病患者の心理と行動  

                  森岡内科クリニック 院長 森岡 浩平 先生

(2)13:30~14:00  栄養士から見た糖尿病患者の心理と行動              

          上野総合市民病院 栄養管理課 白井 由美子 糖尿病療養指導士

 

  座長:市立伊勢総合病院 薬局長 高尾 雄介 先生

(3)14:00~14:30 薬剤師から見た糖尿病患者の心理と行動               

                   伊勢赤十字病院 薬剤部 荒木 康羽 先生

(4)14:30~15:00 看護師から見た糖尿病患者の心理と行動           

           三重中央医療センター 看護部 谷口 朋子 糖尿病認定看護師

--------------------  休憩、企業展示 (15:00~15:30)  -------------------- 

3.特別講演「糖尿病患者の治療」(15:30~16:30)        

   座長:日本糖尿病協会三重県支部長 住田 安弘 先生

    「Multi-morbidityの中の糖尿病治療
      ~アドヒアランスとノンアドヒアランス~ 」

   演者:伊勢赤十字病院 糖尿病・代謝内科 部長 村田 和也 先生

4.総括(16:30~16:40) 日本糖尿病協会三重県支部長 住田 安弘 先生

 

 

生涯教育

 日本糖尿病療養指導士認定更新のための研修単位<第2群>1単位(申請中)

 日本糖尿病療養指導士認定更新のための研修単位 臨床検査技師<第1群>1単位(基礎)

 三重県病院薬剤師会生涯教育講座1.5単位

 日本薬剤師会研修認定制度2単位

 日本臨床衛生検査技師会生涯教育研修20点

 日本栄養士会生涯学習制度(振替自己学習単位1単位)

 

共催:日本糖尿病協会三重県支部・(一社)津薬剤師会・(一社)三重県臨床検査技師会

   (公社)三重県栄養士会

後援:(公社)三重県医師会・(一社)三重県薬剤師会・三重県病院薬剤師会

   (公社)三重県看護協会

協賛:三和化学研究所 / サノフィ/ 日本イーライリリー / ノボ ノルディスク ファーマ

   アステラス製薬 / 第一三共/テルモ / アボットジャパン / ニプロ 

   ジョンソン・エンド・ジョンソン / アークレイ / 興和創薬

   武田薬品工業 / 小野薬品工業 / MSD / ノバルティス ファーマ

   ロシュ・ダイアグノスティックス/ アストラゼネカ / 日本メドトロニック

   大日本住友製薬

第39回糖尿病療養指導士育成のための講習会(PDF版)

 

【参加者募集!】歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリー[2017年4月9日(日)開催]のお知らせ

第11回 歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリー

日時:平成29年4月9日(日)10:00-15:00(予定)

開催場所:熊野市山崎運動公園

            ※雨天中止

20170409 歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリーin熊野 参加要項(novo)jpg

 

申込み必須です(必ず主治医の許可を取得ください)

第11回 糖尿病ウォークラリー 参加要項

第11回 糖尿病ウォークラリー 参加申込書

第38回糖尿病療養指導士育成のための講習会1.14(土)

第38回糖尿病療養指導士育成のための講習会

日   時:平成29年1月14日(土) 9:55~17:00

場   所:三重県総合文化センター(中ホール) 
                         津市一身田上津部田1234  TEL:059-233-1111

参 加 費:500円(弁当不要)、1,000円(弁当要)

申 し 込 み :下記の申込用紙をダウンロードいただけます。

      プリントした申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。

 「第38回糖尿病療養指導士育成のための講習会」要綱と申込用紙のダウンロードはこちら       

      日本糖尿病協会三重県支部(四日市羽津医療センター図書室内) 

        FAX:059-331-6098

申込締切日 :平成29年1月6日(金)

お問合せ先:日本糖尿病協会三重県支部(四日市羽津医療センター図書室内)

        TEL:059-331-2000

   本年からCDEL(三重県糖尿病療養指導士)の認定制度を実施しております。
   詳細については、当ホームページに記載しております。

 

 プログラム

1.開会の辞 日本糖尿病協会三重県支部長 住田 安弘 先生

2.レクチャー、症例提示(10:00~17:00)

(1)10:00~10:30 糖尿病チーム医療におけるCDEの役割  

          伊勢赤十字病院 看護部 山本 成実 糖尿病看護認定看護師

(2)10:30~11:00  糖尿病の概念と診断基準              

          三重中央医療センター 内科 奥田 昌也 先生

(3)11:00~11:30 食事療法               

          市立伊勢総合病院 栄養管理室 大西 利佳 糖尿病療養指導士

(4)11:30~12:00 運動療法           

          伊勢赤十字病院 リハビリテーション科 中立 大樹 糖尿病療養指導士

--------------------  昼食、企業展示 (12:00~12:45)  --------------------

(5)12:45~13:15 薬物療法(経口薬)         

          三重大学医学部附属病院 薬剤部 上林 里絵 糖尿病療養指導士

(6)13:15~13:45 インスリン、GLP-1療法(注射指導も含む) 

          三重大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌内科 坂本 正子 先生

(7)13:45~14:15 糖尿病の検査(血糖自己測定指導も含む)       

          紀南病院 検査科 岡本 恵助 糖尿病療養指導士

(8)14:15~14:45 急性合併症               

          三重大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌内科 橋本 礼 先生

--------------------  休憩、企業展示 (14:45~15:00)  -------------------- 

(9)15:00~15:30 慢性合併症の病態とケア            

          伊勢赤十字病院 糖尿病・代謝内科  井田  諭 先生

(10)15:30~16:00 小児、思春期糖尿病患者の療養指導        

          三重病院 看護部 渡邉 美佳 糖尿病看護認定看護師

(11)16:00~16:30  高齢者の糖尿病ケア                        

          田中内科 副院長 田中 崇 先生

(12)16:30~17:00 糖尿病患者の心理と行動(患者教育)          

          森岡内科クリニック 院長 森岡 浩平 先生

 

生涯教育

 日本糖尿病療養指導士認定更新のための研修単位<第2群>2単位(認定番号:申請中)

 日本糖尿病療養指導士認定更新のための研修単位 臨床検査技師<第1群>2単位(基礎)

 日本医師会生涯教育講座5単位(CC:2、5、7、10、76、82)

 三重県病院薬剤師会生涯教育講座3単位

 日本薬剤師会研修認定制度2単位

 日本臨床衛生検査技師会生涯教育研修20点

 日本栄養士会生涯学習制度(振替自己学習単位1単位)

共催:日本糖尿病協会三重県支部・(一社)津薬剤師会・(一社)三重県臨床検査技師会

   (公社)三重県栄養士会

後援:(公社)三重県医師会・(一社)三重県薬剤師会・三重県病院薬剤師会

   (公社)三重県看護協会

協賛:三和化学研究所 / サノフィ/ 日本イーライリリー / ノボ ノルディスク ファーマ

   アステラス製薬 / 第一三共/テルモ / アボットジャパン / ニプロ 

   ジョンソン・エンド・ジョンソン / アークレイ / 興和創薬

   武田薬品工業 / 小野薬品工業 / MSD / ノバルティス ファーマ

   ロシュ・ダイアグノスティックス /  アストラゼネカ / 日本メドトロニック

 

間脳下垂体疾患講演会・交流会11.13(日)のお知らせ

間脳下垂体疾患 講演会・交流会

三重県難病相談支援センターでは、間脳下垂体疾患の患者様・ご家族の皆様を対象に、下記の通り、医療講演会を開催いたします。
専門の先生の講演によって疾患への理解を深めるとともに、同じ病気を持つ患者様同士の交流の場となればと考えております。
どうぞお気軽にご参加ください。

ポスターはこちら(PDF)

概要

 日時:平成28年11月13日(日)13時30分~

 場所:三重県難病相談支援センター

   住所:津市桜橋3丁目446-34 〔三重県津庁舎 保健所棟1階〕

 内容:間脳下垂体疾患について 講演会(1時間程度)

    講演会終了後に患者・家族の交流会を予定しています。

 講師:三重大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌内科

    病院教授 医学博士 矢野 裕 先生

 対象疾患:プロラクチン分泌異常症、ゴナドトロピン分泌異常症、

      ADH分泌異常症、下垂体機能低下症、クッシング病、

      先端巨大症、下垂体性TSH分泌異常症

 参加費:無料

 主催:三重県難病相談支援センター
    津市桜橋3丁目446-34 〔三重県津庁舎 保健所棟1階〕 
     TEL:059-223-5035 / FAX:059-223-5064
     E-mail:mie-nanbyo@comet.ocn.ne.jp

 共催:三重県

糖尿病とおいしく生きようプロジェクト10.28(金)のお知らせ

糖尿病とおいしく生きようプロジェクト
 ~いきいきライフクッキング~

「糖尿病ってどんな病気?何に気をつければいいの?」
糖尿病の正しい知識や食事療法を勉強しながら、
みんなで楽しく美味しく料理を作りましょう!

糖尿病専門医/管理栄養士のレクチャー付き 料理教室

メニュー:「全粒粉のフォカッチャ/ゆで豚とクレソンのサンド」
     ローカロリーでも、肉やチーズで食べ応えがあり、
     食物繊維がたっぷりとれるカフェ風メニューで野菜の旨みが味わえます!

ポスター&申込書

概要

 日時:平成28年10月28日(金) 13時30分から16時15分まで

 場所:ホームメイドクッキング 四日市教室
    住所:四日市市諏訪栄町6-3 堀木ビル4F
    TEL:059-352-8143〔当日連絡先〕

 プログラム:■講演「糖尿病治療における食事療法の重要性」
               (講演20分、Q&A 5分)
         四日市羽津医療センター 院長 住田 安弘 先生

       ■講演「栄養学の観点からみた糖尿病食事療法の実際」
               (講演20分、Q&A 5分)
         四日市羽津医療センター 栄養管理室 主任栄養士 三和 陽子 先生

       ■料理教室
         ホームメイドクッキングスタッフ

お申込み

 お申込み:定員制につき、申込み多数の場合は抽選となります。
        当選者には開催1週間前までにメールにて連絡を致します。

 お申込み方法:●日本糖尿病協会ホームページにてご確認ください。 

         日本糖尿病協会ホームページ

 お申込み締切日平成28年10月7日(金)     

 参加費:無料

 持ち物:当選メール、エプロン、ハンドタオル、筆記用具

 お問合せ先:日本糖尿病協会 TEL:03-3514-1721

 

みえの食フォーラム11.15(火)のお知らせ

みえの食フォーラム(平成28年度三重県栄養改善大会)
野菜フル350とかるしお料理で糖尿病予防

 三重県では、県民の皆さんの健康づくりを推進するため、食と健康に関係する人々と県民が集い、食と健康に関する知識や実践を学ぶ「みえの食フォーラム」を開催します。
 糖尿病予備群は5人に1人といわれ、今後も患者は増えていくと試算されています。しかし、糖尿病は生活習慣を見直すことで発症や重症化を予防することができる病気です。糖尿病を知り、楽しく簡単に実践できる食を中心とした健康生活について、ともに学び、ともに考え、ともに取り組みましょう。
昨年度に引き続き、減塩食の試食と第3回ベジー1グランプリも実施します。皆様のご参加をお待ちしています。

食フォーラムチラシ

ベジー1グランプリレシピ募集

概要

 日時:平成28年11月15日(火)
   10時30分から15時30分まで(開場10時)

 場所:三重県総合文化センター中ホール(津市一身田上津部田1234)

 参加人数:800人まで

 参加費:無料

内容: 

   10時30分 開会 式典(知事表彰)
   11時00分 講演 「健康寿命を延ばすために ~野菜の健康価値~」
          講師 カゴメ株式会社 イノベーション本部 自然健康研究部長 菅沼大行氏 
   12時00分 第3回ベジー1グランプリ最終選考レシピ紹介
   12時20分 かるしお料理試食、ベジー1グランプリ投票 
   13時30分 講演 「糖尿病のこと、本当に知っていますか?」
          講師 三重大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌内科 医師 古田範子氏     
   14時30分 クイズで学ぶ糖尿病
   15時00分 第3回ベジー1グランプリ 審査結果発表     
   15時30分 閉会

 【中ホール内ホワイエ】
    食に関する展示等(10時00分から13時30分) 
    みえの安心食材など三重県産食材の試食・販売等(10時00分から13時00分)
    かるしお料理試食(12時20分から13時00分)

申し込み  

①「みえの食フォーラム申し込み」②氏名 ③電話番号 をご記入のうえ、
FAX、ハガキ又はE-mailでお申し込みください。*参加証の発行はありません。

申込み締切日:平成28年11月2日(水)必着

申込み先:〒514-8570(住所不要)三重県健康福祉部医療対策局健康づくり課食フォーラム係
      TEL:059-224-2294 FAX:059-224-2340 
     E-mail:kenkot@pref.mie.jp

 

主催:公益社団法人三重県栄養士会、三重県食生活改善推進連絡協議会、三重県教育委員会、三重県
共催:三重大学医学部附属病院糖尿病・内分泌内科