どんな検査をするの?

糖尿病の診療には検査が不可欠です。一口に検査といっても、いろいろな目的があります。

糖尿病かどうかを診断する

以下の4項目の組み合わせでにより、下記のフローチャートに沿って糖尿病を診断します。

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)

過去1~2カ月の血糖値を反映する指標です。血糖が赤血球に含まれるヘモグロビンというたんぱく質にくっついた割合を評価しており、高血糖ではその割合が高くなります。HbA1cの基準値は4.6~6.2%ですが6.5%以上を糖尿病型としています。

早朝空腹時血糖値

健康な人では、朝食前の血糖値が1日の中で最も低いとされています。
食事から10時間以上あけて測定するため、一般的には前日夜9時以降絶食として、翌朝の食事前に採血します。126mg/dl以上を糖尿病型としています。

血糖値

随時血糖値

食事時間とは関係なく測定した血糖値です。200mg/dl以上を糖尿病型としています。

75gOGTT(75g経口ブドウ糖負荷試験)

糖尿病を最も確実に診断できる検査です。ただし、明らかに血糖値が高い場合は行いません。早朝空腹時血糖値を測定後、75gのブドウ糖溶液を飲み、30分後、1時間後、2時間後の血糖値を測定します。負荷2時間後で200mg/dl以上を糖尿病型としています。

空腹時血糖値および75gOGTTによる判定区分

日本糖尿病学会ホームページより引用

糖尿病の臨床診断のフローチャート

日本糖尿病学会ホームページより引用

どんな糖尿病か調べる

どのような経緯で糖尿病になってしまったのかを把握することは、治療方針を決めるためには大切です。1型糖尿病の場合、膵島関連自己抗体(抗GAD抗体など)が陽性になることがあり、診断の助けになります。どれくらい自己のインスリンが分泌されているかを調べるためには、血中のインスリンやCペプチドの濃度を測定します。2型糖尿病の場合、インスリンの分泌が悪くなるタイプか、インスリンの効き目が悪くなるタイプか調べることで、病状にあった薬を選択することができます。

悪性腫瘍などの重篤な病気が隠れている場合、糖尿病が悪化することがあります。極度の高血糖で糖尿病が発覚した場合や、急に糖尿病のコントロールが悪くなった場合には特に注意が必要です。このような場合には、超音波検査、CT検査、内視鏡検査などで大きな病気が隠れていないか確認することが大切です。

血糖値がうまく調節できているか調べる

HbA1c

糖尿病の治療の効果判定に、血糖値を調べることはとても大切ですが、血糖値は採血の前後の食事に大きく影響されてしまうため、4〜8週間の血糖値の推移を示すとされるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を治療の指標にすることが一般的です。様々な合併症を予防するために、治療による低血糖を極力無くしたうえで、まずはHbA1c 7.0%未満をめざします。安全にHbA1c 7.0%未満が達成できたら、健康な方と同じような血糖値・HbA1cを目指します。合併症などのために使用できる薬剤が限られている場合や、高齢の方では、治療の目標を緩めることがあります。

血糖コントロール目標

高齢者糖尿病の血糖コントロール目標(HbA1c値)

 

自己血糖測定

インスリンなどの自己注射をしている患者では自己血糖測定が保険上認められています。日々の血糖値を直接測定するため、糖尿病の管理が行いやすくなります。ただし、指先に針を刺すことによる煩雑さ、痛み、恐怖心といった問題があります。

HbA1cの他には、過去2週間の血糖値の推移の指標となるグリコアルブミンや、主に食後の高血糖の程度を反映する1,5-AGという検査もあり、患者さんの病態に合わせて検査を使い分けます。

持続血糖測定(CGM)

最近では、24時間の血糖値の動きをグラフにして確認できる持続血糖測定(CGM)という検査ができるようになりました。予期せぬ高血糖や低血糖のため血糖コントロールに難渋する際には、いつ、どんなことで血糖値が上がって(下がって)しまうのかを把握することで、よりよい治療につなげることができる場合があります。CGMは県内の糖尿病専門施設で実施しています。

こちらで検索できます

外来で貝殻程度の大きさの装置を装着し、血糖値の変動を記録します(最長1週間程度)。検査中は指示された回数の血糖測定をしていただくことになりますが、あとは普段通りの生活をしていただき、装置をつけたままお風呂に入っていただいても構いません。興味がある方は、主治医の先生にご相談ください。

また、上記のCGMでは1日3~4回の血糖測定が必要でしたが、新たに登場した機械では校正のための血糖測定が不要となり、より簡単な持続血糖測定が可能となりました。

FreeStyleリブレPro

左記のCGMは測定終了後に血糖値のグラフをみることができますが、近年はリアルタイムで血糖値をみることができる機械も登場しています。トレンドがグラフ表示されるため、現在の血糖値だけでなく、血糖値の動きを予想しやすいというメリットがあります。

アボットジャパン ホームページより引用

フリースタイルリブレ ミニメド620G

 左:フリースタイルリブレ         右:ミニメド620G(インスリンポンプとセットになっている)

合併症の症状を調べる

糖尿病の合併症は、発症初期は自覚症状が少なく検査でしか発見することができないことが多いため、定期的に検査を受ける必要があります。

神経障害

腱反射

ゴムのハンマーでアキレス腱などを叩いて調べます。

振動覚検査

音叉をくるぶしにのせて、振動の感じ方を調べます。

知覚検査

皮膚をフィラメントという細い繊維でつついて、感じるかどうか調べます。

心拍変動検査

心電図をとりながら心拍の変動を調べます。主に自律神経障害を調べることができます。

網膜症

検査には、眼底検査、視力検査、視野測定などがあります。検査の間隔は進行度合いによって変わってきます。
(眼科で検査を受けます。)

網膜症

糖尿病連携手帳

眼科と内科別々の医療機関で受診する際は、糖尿病連携手帳を持参し、それぞれのデータを記入してもらい、両方の医師にみてもらうとよいでしょう。
※糖尿病連携手帳は医療機関で無料でお渡ししています。

糖尿病腎症

尿中微量アルブミン検査

早期の糖尿病腎症を発見できます。

尿蛋白検査

腎症が進むと尿中に蛋白が出てきます。

糖尿病性足病変の検査

足の皮膚観察

足の変形や感染や傷がないか観察します。

動脈硬化の検査

足の血圧測定(ABI)

足の血流の状態を調べます。

頸動脈エコー

首の動脈の壁の厚さやプラーク(コレステロールの塊)がないかを調べます。