糖尿病とは?予防するには?

糖尿病とは?

糖尿病はひとごとでない病気

糖尿病は「自分とは全く関係ない」病気のように思っていませんか?

2016年に実施された厚生労働省の「平成28年国民健康・栄養調査」によると、日本における糖尿病が強く疑われる人の推計が1000万人を超えました。実は糖尿病はとても身近で、ひとごとではない病気なのです。

糖尿病は自分では気づきにくい病気です。「疲れやすい、急にやせたなどで病院にかかってみたら実は糖尿病だった」「治療開始が遅れたために、すでに病気(合併症)がかなり進んでしまっていた」、「心筋梗塞で入院したら糖尿病だったことがわかった」というように、著しく病状が進行してからはじめて糖尿病と診断されることもあります。

糖尿病は、一度発症すると完全に治るということは残念ながらありません。しかし、自分の状態に合わせて治療を行えば、健康な人となんら変わらない生活を送ることができます。正しい知識をもち、末永く上手に付き合っていくことが大切です。

糖尿病は十人十色

食べ物には炭水化物、たんぱく質、脂質の三大栄養素があり、主に炭水化物は消化されてブドウ糖に分解されます。ブドウ糖は全身でエネルギーとして利用されますが、そのためにインスリンというホルモンが全身に作用し、細胞がブドウ糖を取り込むことが必要です。糖尿病とは、インスリンの作用が弱いため、ブドウ糖をうまく利用できず、血糖値が高くなっている状態のことで、放置すると全身にさまざまな影響(合併症)が出てきます。
糖尿病は、その原因により4つのタイプに分けられます。


1型糖尿病

インスリンを作る膵臓の細胞が何らかの原因でこわされることで、インスリンが作られなくなり、糖尿病になります。
子どもや若年者に多くみられますが、中高年以降の発症も増えています。
数日で激烈に発症するものや、ゆっくりと進行していくタイプの1型糖尿病もあります。
残念ながら、現時点では予防する方法はありませんが、きちんと付き合っていけば健康な人となんら変わらない生活を送ることができます。発症後の継続的な管理が大切です。


2型糖尿病

日本の糖尿病患者さんの約95%がこの2型糖尿病です。インスリンの分泌が少なくなったり、働きが悪くなるために起こります。おもに中高年以降にみられますが、若年者の発症も増加しています。
日本人は遺伝的にインスリン分泌が弱い人が多いといわれています。遺伝的な体質に過食、運動不足、肥満、ストレスなどの生活習慣や加齢といった要因が加わり、発症するとされています。このため、2型糖尿病は「生活習慣病」ともいわれています。
また、肥満がなくても、内臓脂肪が増える「メタボリックシンドローム」と呼ばれる状態になると発症しやすくなります。このタイプの糖尿病は予防することが可能です。早期発見、早期治療そして、継続的な管理が大切です。家族に2型糖尿病の人がいる方は、特に気を付けましょう。


その他の糖尿病

  • 遺伝子異常(膵β細胞機能やインスリン作用にかかわる遺伝子の異常)
  • 他の疾患(内分泌疾患、膵外分泌疾患、肝疾患、手術後など)
  • お薬の影響(ステロイドや抗がん剤の服用など)

等による糖尿病もあります。


妊娠糖尿病

妊娠をきっかけに、血糖値が高くなるなどの糖尿病の症状があらわれるのが妊娠糖尿病です。
※妊娠前に、すでに糖尿病と診断されている患者さんは妊娠糖尿病とはよびません。
妊娠中はわずかな高血糖でも胎児に影響を与えるため、糖尿病の手前状態でも「妊娠糖尿病」と呼びしっかり管理する必要があります。
妊娠中に胎盤が作るホルモンが、インスリンの働きを抑える作用もあるため、十分なインスリンが作られない場合に血糖が上昇します。
肥満、高齢妊娠、家族に2型糖尿病患者がいる、過去の妊娠で高血糖を指摘された場合に起こりやすいとされています。


子どもと糖尿病

子どもの糖尿病というと、以前は1型糖尿病が多かったのですが、最近では2型糖尿病も増えてきています。子どもと大人では、体の状態や心理的な状態が異なりますので、子どもや思春期の治療では、成長や発育に合わせた十分な配慮が必要です。この場合、家族の協力は不可欠であり、学校関係者や友人の協力が必要な場合もあります。

妊娠と糖尿病

妊娠中に関する糖尿病には、妊娠前から糖尿病のある「糖尿病合併妊娠」と、妊娠中に発見された糖尿病があります。妊娠中に発見された糖尿病には、軽い糖代謝異常である「妊娠糖尿病」と、「妊娠中の明らかな糖尿病」の2つがあります。
糖尿病があると、母体や胎児に色々な影響がでることが知られています。

母体の問題

  • 網膜症や腎症などの糖尿病の合併症の悪化
  • 流産、早産

胎児の問題

巨大児、奇形、仮死、死亡など

しかし、妊娠前からしっかり血糖値をコントロールし、良好な状態を継続することで、これらが起こりにくくなり安全な出産ができます。妊娠・出産を望まれたら、まずは主治医に相談し、安全に妊娠出産に臨める状態か確認しましょう。

糖尿病を予防するには?

家族のことを知りましょう!

2型糖尿病は予防が可能な糖尿病です。家族に2型糖尿病の方がいる場合、遺伝的要因を受け継いでいる可能性があります。若いころから正しい食生活や、日常的な運動を取り入れて発症を予防しましょう。また、ご家族の糖尿病が悪化しないように、そして自分自身の糖尿病の発症予防のために、ご家族みんなで取り組んでみませんか。(ご家族も診察や栄養指導、療養指導への同席、糖尿病教室への参加などが可能です。)

日々の食生活、運動内容を見直しましょう!

食生活の欧米化や、交通網の普及、自動車所有の増加と同じように、2型糖尿病も増加しています。生活習慣の改善といわれても、いったい何をしていいのかと困ることも多いかと思います。まずは、自分自身で気になる点を一つだけ改善することから始めませんか。

  • 忙しさにかまけて、菓子パンやジュースで食事を済ませていませんか?
  • ストレスのはけ口に暴飲暴食していませんか?
  • 休日にごろごろ一日何もせず過ごしていませんか?
    ジムに行かなくても日頃の家事でエクササイズになります!(ご家族も喜び健康増進。一石二鳥です!)
  • 我先にとできるだけ店舗近くの駐車スペースを探しに行っていませんか?
    できる限り遠くのスペースに止めて、少し歩いてみませんか?(近くのスペースは体の不自由な方、お年寄り、妊婦さんや小さいお子さんのいる方に譲りましょう。)

健康診断を受けましょう!結果を管理しましょう!

健康診断、毎回受けていますか?結果を保存管理していますか?
健康診断では、糖尿病になる前段階の境界型という状態を見つけることができます。お医者さんから「糖尿病の気がある。」「糖尿病の一歩手前ですよ。」と言われたらどうしていますか?糖尿病でなかったと、安心してそのまま放っておいてはいませんか?
糖尿病の前段階、いわゆる「境界型」の時点から、すでに膵臓のインスリンを出す力は落ちはじめます。そして糖尿病と診断されるときには、すでにインスリンを出す力は半分ほどに落ちてしまっているのです。
境界型の時点で、しっかり食生活や運動内容を見直していけば、2型糖尿病への進行を予防することも不可能ではありません。早期発見、早期予防が大切です!

健診結果の管理も大切です。「糖尿病」と判定され、受診することになった時、過去の健診データはその後の治療を決める上で大きな役割を果たします。しっかり結果を保存しておきましょう。